独特な苦味を持つゴーヤ(ニガウリ)には、血糖値を降下する作用や脂肪分解、さらに酵素リパーゼを活性化する作用があります。  その他にも便秘解消美肌効果などの効果も期待できるので女性にはとても人気なダイエットです。 それではそれらの効果をひとつづつ見ていきましょう。 

ゴーヤは身体にいい作用があるのですが、強い苦みがあります。この苦みが苦手な人も多いのではないでしょうか?

でも、このゴーヤがダイエットに効果があるというのです。

ゴーヤには、コレステロールを減少する作用や、代謝を促進させる作用、筋肉を落としにくくして脂肪が付きにくい体質にする作用などの効果があります。

これらの特性を活かして、ゴーヤをダイエットに摂り入れることで、太りにくい身体を作ることが可能です。

そして、ゴーヤには水に溶ける「水溶性食物繊維」と水に溶けない「不溶性食物繊維」がバランスよく豊富に含まれているので、便秘改善に期待ができる食材になります。

ゴーヤには、「皮・実・種」がありますが、すべての部分に置いてダイエットに効果的な成分が含まれています。

ゴーヤの種には、脂肪の代謝を促進する共益リノール酸が含まれ、筋肉が落ちにくくする働きがあります。

脂肪を燃焼するには筋肉が必要なため、ダイエットを成功させるには筋肉を付けることが重要です。

ゴーヤの皮には植物性インスリンと呼ばれる「p-インスリン」や「チャランティン」という成分が含まれています。

これは、血糖の代謝を促進して体内に脂肪が蓄積されるのを防ぐ作用があります。ゴーヤダイエットの方法はとても簡単で、誰でもすぐに実行することができます。 その方法は、普段の食事をゴーヤに置き換える方法です。  つまり置き換えダイエットとゴーヤダイエットを組み合わせる方法です。  多くの人が1日に3食を食べていると思います。 

  この3食のうちの1食~2食をゴーヤに置き換えることで、  摂取カロリーを抑えることができ、痩せることができます。  そして中でも一番ダイエット効果があるのは夜食です。  夜食は一番摂取カロリーが多くなるので、  夜食を低カロリーなゴーヤに置き換えることで摂取カロリーを大幅に減らすことができます。   ですが3食ともゴーヤに置き換えてしまうと、栄養価の高いゴーヤでも補えない栄養があるので、  その栄養が不足してしまい、体調を崩してしまったり肌荒れの原因にもなってしまいます。  なので最高でも置き換えるのは2食までにしましょう。  1食でも置き換えるのが無理な場合は、お米パンなどの炭水化物をゴーヤに置き換えるだけでも効果はあります。 ◆まとめ ゴーヤは栄養価がとても高いので、健康的に痩せることができます。 そしてダイエットは栄養不足肌が荒れることがありますが、 今回紹介したゴーヤダイエットは栄養不足で肌が荒れる心配がありません。 なので興味のある方はぜひ試してみてください。

●追伸

1.記事が参考になった人はいいねやフォローをして頂けると励みになります。

2.LINEに登録すると「デカ顔が小顔になる為に絶対に

必要な15の習慣」期間限定でプレゼント🎁しています↓↓

https://lin.ee/qsWUYmP