日中のデスクワークで、顔は夜には意外なほどガチガチになっているもの。  この「顔の凝り」が頬のたるみや顔のむくみを引き起こしています。「指の腹で」ほぐすだけでたるみが取れて頬骨が滑らかに! 

  日中に一生懸命パソコンスマホに向かっていると血流が悪化して、夜には顔や頭が凝る。そして、もれなく顔のたるみもついてくる。  「筋肉は凝り固まると弾力を失って下垂する。それが、たるみを引き起こす」  無意識のうちに食いしばったり、前かがみでスマホやパソコンを見続けることで、特に顎関節まわりの筋肉が凝る。  あごのラインを後方に引き上げる力が弱くなり、二重あごや、エラ張りなどの老け見えを引き起こす  施術効果をさらに変化するためのセルフケアを必ず指導しているとそれが、今回紹介する「顔筋ほぐし」だ。指の腹を使って行うので、いつでもどこでもできる。  特にお薦めなのは、夜。一日の顔の凝りを解消する習慣を続けることで若見え小顔に!  筋肉が凝り固まっていると血流が悪いので、圧をかけ、刺激しながらほぐすことで、筋肉の弾力が回復し、血流が良くなりむくみが取れる!

  筋肉は凝りによって硬くなると下がる。凝りが取れると筋肉が引き上がりあごのたるみが消え、顔の輪郭がシャープになる!  顔の側面にある側頭筋は顔の側面とあごの骨をつなぐ筋肉。ここが凝り固まると、たるみやむくみが生じる。側頭部のまわりをソフトにほぐすだけでむくみが取れるのはもちろん、やあごの筋肉もたちまち引き上がる  ◆頬骨を滑らかにするセルフケア法 

   (1)口を開けたり閉じたりするときに動く、髪の生え際のくぼみの部分に指の腹(人差し指、中指)を当てる。10秒左右に揺さぶる。反対側も同様に。 (2)耳の指1本分真上の、筋肉がコリコリする部分に指の腹(人差し指、中指)を当てる。10秒左右に揺さぶる。反対側も同様に。 (3)耳の後ろの付け根から指2本分くらい上の部分に指の腹(人差し指、中指)を当てる。10秒左右に揺さぶる。反対側も同様に。

  (4)もみあげのくぼみから、エラに向かって指の腹(人差し指、中指)を当てる。上下に小刻みに10秒揺する。反対側も同様に。   (5)口を開けたときにくぼむ箇所を指の腹(人差し指、中指)で軽く押しながら、口を開けたり閉めたりする。10回繰り返す。反対側も同様に。 あなたもこれで小顔美人へ✨ 是非一度お試しください😊  ●追伸1.記事が参考になった人はいいねやフォローをして頂けると励みになります。2.LINEに登録すると「新・魔法の頬骨出っ張り解消PDF」もしくは「デカ顔が小顔になる為に絶対に必要な15の習慣PDF」を期間限定でプレゼント🎁しています↓↓https://lin.ee/qsWUYmPLINE Add Friendlin.ee