ストレスを感じたとき、パソコン作業で集中しているときに、気づかないうちにグッと奥歯を噛み締めていませんか?

これによって、頬骨からフェースラインに存在している咬筋(こうきん)が硬くなり、エラ張りを引き起こし、顔が大きくなる!なんてことが。

実は顔の大きさや歪みは、筋肉のコリが大きく関与しているのです。そこであべの式の手技を少しだけ教えてしちゃいます!顔の歪みやコリをリセットする咬筋ほぐしマッサージ。
顔のコリだけでなく、むくみも解消して、すっきりシャープな小顔を目指しましょう。

無意識に奥歯をグッと噛み締めてしまったり、寝ている間の歯ぎしりしてしまうこともあり、食いしばりがくせになっている、という人も多いのではないでしょうか?

食いしばりがくせになってしまうと、頬骨からフェースラインに存在している咬筋(こうきん)が使い過ぎで硬くなり、発達してしまいます。

これによって顔が横に広がり、エラ張り状態に…。加えて老廃物が溜まり、むくみが起こるので、顔がどんどん大きくなってしまうのです。

そこで、使いすぎた咬筋をほぐして柔軟にする、あべの式が最善策です! 

仕事の合間できる簡単メソッドで、エラ張りもむくみもまとめて一掃できるのが魅力。顔のコリもほぐれてスッキリしますよ。

◆エラの筋肉の位置確認

頬骨弓(きょうこつきゅう)と下顎骨(かがくこつ)をつないでいるのが咬筋。咀しゃく筋のひとつで、上下の歯を咬み合せる働きを行っている筋肉。

顔を挟むように、頬骨の下あたりの指を置いたまま、グッと食いしばりましょう。このときにボコッと盛り上がったところが咬筋です。

◆左右に揺さぶり、咬筋を優しくマッサージしてほぐす

指の腹で、指1本の中指もしくは人差し指の腹の部分を使って行います。両側から咬筋を挟み、圧をかけた状態で円を描くようにマッサージします。このとき、口元に力が入らないように口をぽかんと開けた状態にしておくこと。

クルクルと小さく外に円を描くように、写真で示した4か所をマッサージします。これを各5回ずつ行いましょう。

◆まとめ

1.食いしばりのクセによって咬筋が硬くなってエラ張りが起こり、顔が大きくなる。
2.咬筋が硬くなると老廃物が溜まり、むくみが起こることも。
3.顔の大きさや歪みは筋肉のコリが大きく関与しているから、ほぐすメソッドが有効。
4.小さく外に円を描くように咬筋をマッサージすれば、むくみまでスッキリして小顔に!

以上、張り出したエラ張りを解消する、咬筋ほぐしメソッドを教えて致しました😄

セルフケアは続けることが大事。「誰でも簡単に効果ありです!」

是非お試し下さい☺️
●追伸1.記事が参考になった人はいいねやフォローをして頂けると励みになります。 2.LINEに登録すると「デカ顔が小顔になる為に絶対に 必要な15の習慣」期間限定でプレゼント🎁しています↓↓ 
https://lin.ee/qsWUYmP