◆ダイエットはキムチで!

白菜、きゅうり、大根などを唐辛子や魚介の塩辛と一緒に漬物にした、「キムチ」。昔は朝鮮半島独自の漬物でしたが、今は日本でもよく食べられていますね。

家庭の冷蔵庫に常備している人も多くなっているようで、発酵食品として、健康のために食べたり、発汗作用などを期待してダイエットに用いられたり、炒め物や鍋に入れるなど、用途はさまざまです。そこで今日は特徴とオススメレシピをお伝えしていきます!

目次◆キムチの特徴◆キムチレシピ3選

◆キムチの特徴

キムチダイエットとは、健康や美容に効果がある発酵食品のキムチを、普段の食事に取り入れることで代謝を上げて痩せるダイエット方法です。
キムチは低カロリーのものが多く、カロリーのことを気にする女性にとっては最高の食材になります☺️

キムチには、健康や美容にうれしい効果・効能がたくさんあります☝️

キムチには1gあたり8億個ほどの植物性乳酸菌が存在し、乳酸菌の多いイメージのあるヨーグルトより遥かに多く含まれている発酵食品です。

乳酸菌をとることで腸内環境が整い、整腸作用や便秘解消に効果があります✨

また、キムチの原料である白菜に含まれる食物繊維には、善玉菌を増やしてくれる乳酸菌を強化する働きがあります。

老廃物を効率的に体外に排出する乳酸菌と食物繊維の成分がダイエットに効果的ということです✌️

乳酸菌は自律神経を整え血行を促進させ、代謝を向上させます。夏バテ防止や疲労回復などに効果的です😊
唐辛子に含まれる辛味成分カプサイシンはアドレナリンを分泌する働きがあり、内臓脂肪を燃やし代謝を向上させるためダイエットに効果的です✨

また、血行を良くすると免疫力が高まり、風邪などを防ぐ効果もあります😲

乳酸菌やカプサイシンは、脂肪の燃焼を促進するので肥満予防の効果が期待できます😊また、カプサイシンは肥満遺伝子を持っている人にも効果的です✨
◆キムチレシピ3選
1.  鳥ささみのキムチ和え

鶏ささみとキムチの和え物の作り方。鶏ささみを耐熱皿に置き、筋取りをして酒をかけます。ラップをかけてから電子レンジで加熱して、触れるほどの熱さになったら、手で細かく裂きます。
ボウルに醤油とごま油、白すりごまを入れて混ぜたら、鶏肉とカイワレも入れてさっと和えます。高タンパク低カロリーなささみを使うので、ダイエット中の人に人気のレシピです。

2.  サバ缶でキムチ混ぜ

サバ缶で美味しいおつまみ。5分以内に作れる、サバ缶とキムチのおつまみのレシピです。ボールに、サバ缶を開けて入れ、キムチをお好みの量だけ入れます。
ごま油と白ごまもボールに入れて全てを混ぜ合わせたら、お皿に盛り付けて完成です。食べたい時にすぐに作れる簡単さです。青魚とキムチを使うので、ヘルシーかつ栄養満点で、急にあと一品欲しくなったときにおすすめします。

3.  アボカドキムチ

「アボカドキムチ」。女性に人気な食材、アボカドとキムチの和え物のレシピ。アボカド1個を一口ほどの大きさに切ります。キムチ100グラムも大きいものは、包丁で切っておきます。
ボウルにアボカドとキムチ、ごま油大さじ1、めんつゆ大さじ1を入れて、よく混ぜたら完成です。キムチの辛さとアボカドの濃厚さがよく合います。アボカドは高カロリーですが、カリウムやビタミン、食物繊維が入っています。

まとめ
太りやすい人は基礎代謝が低く、体質的に脂肪が燃焼されにくいのですが、カプサイシンは代謝を高める効果があるので脂肪が燃焼され、痩せやすい体質になります😆
カロリーも糖質も低いダイエットに適した自然発酵したキムチを使ったキムチダイエットは、無理に食事制限することなく、日常に取り入れやすいダイエットです!

食べ過ぎは禁物ですが、適量を毎日継続して食べることで、より痩せやすく、太りにくい体作りが期待できます😉
是非お試し下さい!✨


●追伸
1.記事が参考になった人はいいねやフォローをして頂けると励みになります。 2.LINEに登録すると「デカ顔が小顔になる為に絶対に 必要な15の習慣」期間限定でプレゼント🎁しています↓↓ 
https://lin.ee/qsWUYmP